発電事業、太陽光、G-Bio発電、液体バイオマス、ディーゼル発電、発電機、新電力開業支援、小売電気事業支援、発電事業支援、植物油、ISO認証支援等

発電事業支援

発電事業支援

平成23年3月の原子力発電所の事故災害を契機に、平成24年7月からは再生可能エネルギーを普及させることを目的に「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」が施行されました。小売電気事業者が買い取る費用を電気をご利用の皆様から賦課金という形で集め、今はまだコストの高い再生可能エネルギーの導入を支えています。

この制度により、発電設備の高い建設コストも回収の見通しが立ちやすくなり、再生可能エネルギーによる発電事業を検討・希望する企業様が増えております。

発電事業は、新たに発電所・発電設備を設け、発電した電力を電力会社や新電力といった小売電気事業者に売ることで収益を確保します。

日本プレミアムでは、地球環境と収益性から再生可能エネルギー(バイオマス、太陽光、風力、中小水力)を用いた発電設備の導入をサポートしています。

発電設備の導入には、発電出力や発電方法、費用面、設置する敷地面積など様々な要件を考慮する必要があります。また、日本プレミアムが推奨する発電スキームもありますので、発電事業にご関心のある企業様は、まずはお問い合せください。

再生可能エネルギーによる発電

再生可能エネルギーによる発電事業の概略

再生可能エネルギーを用いた電気は、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」の施行(平成24年7月1日スタート)により、一定の期間・価格で電気事業者が買い取ることとしています。

この時の買取価格と買取期間については、以下の点を勘案して決めることとしています。

  • 買取価格:再生可能エネルギーの発電設備を用いて電気を供給する場合に通常必要となる発電コスト、再生可能エネルギー電気の供給者が受けるべき利潤等。
  • 買取期間:再生可能エネルギーの発電設備が設置されてから設備の更新が必要になるまでの標準的な期間。

つまり、国の政策として再生可能エネルギーの利用拡大を図るために、発電事業者の収益を確保し安定的に電気の供給が図れるようにしていますので投資リスクは低くなります。

※参照:買取価格と買取期間については、経済産業省 資源エネルギー庁のWebサイト「なっとく!再生可能エネルギー」で公表しています。
http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/index.html

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional